スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

2009年10月17日 10:28

「地球が天国になる話」
齋藤一人著




以前にも一冊紹介した齋藤一人さんの本です。
齋藤一人さんは、全国高額納税者番付(総合)のトップ10に10年以上連続で入っている方なのですが、初めて著書を読んだときはそのことを知りませんでした。
後からプロフィール欄を見てとてもビックリしました。
本の内容からは全然そのような印象を受けなかったからです。

この本はいわゆる成功本と言われるカテゴリーに位置づけされるかもしれませんが、他の成功本のように、こうやれば事業が上手くいくとか人の心を動かせるとかそういったことにはほとんど触れていません。

普通の人は上手くいかないことがあると、それを他人や環境のせいにする人は論外だとしても、自分に至らないところがあるのではと思い、一生懸命自分を変えようとします。

特に一般社会では「努力は必ず報われる」というような言われ方をしますので、それで結果が出ないと当然に自分を責める人が多いと思います。

これに対して齋藤一人さんは、

何か特別なことをしなくても、すでにあなたは成功している、愛されるべき立派な存在である

という考え方をしています。

さらに、

人生の目的、人が何度も生まれ変わる理由は、ただ己のコンプレックスを克服することにある

ということを言っています。

私も、人の長所と短所は生来のものである、ということをよく思います。
それを周囲と比べて、優れているところを誇ったり、悪い部分を卑下するのは意味がない行為だと思います。

普通は何かを成し遂げたら、あるものを手に入れたら、自分は成功できると考えてしまうものですが、その順序は全く間違っているのかもしれません。

齋藤一人さんの本にはCDが付属しているものが多く、こちらの本にも音声CDがついています。
一人さんは他の本のCDなどでは穏やかな口調で話されていますが、この本のCDにはとりわけ力が入っているようで、かなり熱いです。
一人でも多くの人を劣等感からの呪縛から解放させてあげたいという思いが強く伝わってきます。

この本のタイトルに偽りなしです。
ぜひとも、しゃっかい(百回)読んで、聞いてもらいたい、と強くお勧めしたい一冊です。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
    ↑
先日、齋藤一人さんの本を買ってくれた人がいなくて残念と言ったら、さっそく買ってくれた方がいました。
ありがとうございます!
当ブログはFX新撰組の名の下に「いいものはいい」、「ダメなものはダメ」とはっきり主張する、義に生きるブログです!
スポンサーサイト


コメント

  1. マスティアン | URL | -

    Re: お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

    こんばんわ。

     う~ん、これは私が大好きな親鸞さんが主張する、「今既に救われている」という事に共通すると思いますね。

     今救われていなくて、一体何時救われるというのか。

     これに気が付くと、実はもう上手く行っている事を知れますね。

     

  2. ビットウィーン | URL | -

    Re: お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

    マスティアンさん、こんばんは

    この手の話をすると誤解を受けるかもしれませんが、実は私は本来スピリチュアルなものは嫌いで、輪廻転生もあまり信じていません。
    けれどもコンプレックスの克服というのは、多くの人にとっての一番大きな悩みだと思います。

    私が大切だと思うのはそれが人の幸せにつながるものであるかどうかであって、真理とかそういったものはずっと優先度が低いものなのです。

  3. しょらごん | URL | FYdsuonw

    Re: お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

    ビットウィーンさん

    こんばんは!

    CD聞きました♪
    っていうか、これ、新入社員だった頃の自分に聞かせたい…。

    逃げずによく耐えた数年間だったけど、今の私だったらどうするだろう。
    あのときどういう方法があったんだろうと、
    つい最近、当時のことを振り返って、ふと思ったりしてたのでした。

    あのカチョウ、コンプレックスの塊だったのか…。
    本人も別のところで苦しんでたんでしょうね。

    自分を責めて苦しんでいる人、
    人間関係の苦しみのなかにいる人に聞いてほしいですね。


    え!? アフィリエイトがカウントされてない?
    き、気のせい、気のせい…。

    ごめんちゃ~いっεεεε====(*>ω<)ノノ

  4. ビットウィーン | URL | -

    Re: お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

    しょらごんさん、おはようございます

    イケメンサウスポー(?)のビットウィーンです。

    この本と以前に紹介した「人生が100倍楽しく笑える話」が特におすすめです。
    こちらもCDがついていて、「地球が天国」に比べてたいへん穏やかな口調の講演会の様子が収録されています。

    会社で苦労されましたか。
    上司というのは自分で選べないので大変ですね。
    ある意味会社選びよりも配属先の環境というのがすごく重要かと思います。

    こら~!逃げてもムダじゃ~!
    こう見えても(?)足は速いんだぞ!

  5. ばん | URL | -

    Re: お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

    こんばんばんは。

    お久しぶりです。

    ばんです。


    最近、ふと本屋さんで斉藤一人さんの本を見つけまして、そういえばビットウィーンさんが紹介していたなぁ。と思い出して ぱらりとめくってみました。


    凄い衝撃的な本でした。

    ご紹介頂きまして誠にありがとう御座いました。<(_ _)>


    5年前から取り組んでいる事にどうやら終止符が打てそうです。

    心が強くなったように思います。


    きっと、1年前では無く今読んだという事にも意味があるようです。

    いやはや本当にありがとうございました。

  6. ビットウィーン | URL | -

    Re: お勧め書籍の紹介⑩ - 「地球が天国になる話」

    なに~今ごろですか!ばんさん!
    おそい、おそい!ガンタンクよりも遅いですよ!

    齋藤一人さんの話のよいところは、頭の中でふ~んと思うだけでなく、それを実行に移すための具体的な方法が示されていることだと思います。

    それはずばり「初めに言葉ありき」です。
    私も一時期は一日100回くらい「ありがとう!」と言っていました。
    はじめは「なんで思ってもいないのにこんなこと言わなくちゃいけないんだよ」と抵抗がありましたが、今では当たり前になって、いちいち言葉に出さなくても心を開いた状態が普通の状態になりつつあります。

    自分を変えたい(実際は認識の仕方を変える)と思う意欲のある人の第一歩としては非常に効果のある素晴らしい方法論だと思います。

    なにしろ心で思う必要がなくてただ言葉に出せばいいだけですから。
    けれど続けていくうちに心もそういう状態になっていきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betweenfx.blog43.fc2.com/tb.php/415-f4444b64
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。