FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄固定売買否定論!?-野川徹大先生語録その②

2009年02月25日 19:19

さて最近も変わらず連日デイトレ練習に励んでいるわけですが、私が扱っている通貨ペアはドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドルの3つです。
これは単純に短期売買なのでコスト削減を重視してスプレッドが狭いものを順に3つ選んで売買しています。
20、30pipsを取りにいくのにスプレッドが5や6あるといのはやはりかなり辛いものがあると思うからです。

ところがこの3つの通貨ペアというのは似たような値動きをすることが多いです。
当たりまえかもしれませんが、ドル/円とユーロ/円、ユーロ/円とユーロ/ドルは特にそうです。

そうするとずっと監視をしていてもトレンドや偏った値動きが全然見られないときというのも多くあります。
私の一日の売買回数は最大で10回程、少ないときは1,2回しか売買チャンスがないときもあります。

ところが個別株のプロのデイトレーダーの方の一日平均の売買回数が数十回と聞いて、

「やっぱりプロには自分には見えていない優位性

がたくさん見えたりするんだろうな。

よし!自分ももっとよくチャートを見なくちゃ!」


と目を凝らすようにしてチャートを見ていました。

しかし先日のセミナーで野川氏は次のようなことを言ったのです。


「いいですか。銘柄に

あったやり方を探すのではありませんよ。

自分のやり方にあった銘柄を探すのが一番いい

やり方です。

プロはみんなそうです。」



!! そ、そうだったのか・・


ちょっとこのことを料理人にたとえて説明してみます。(余談ですが私が相場師の次に尊敬しているのが料理人、次がパチプロかな・・)


一流の料理人の作る料理はなぜおいしいのか?
当然、その人の腕がいいから、技術が一流だからと思うかもしれません。

もちろんそれも関係なくはありません。
しかしその人の料理がおいしいのは他の何よりも 一流の料理人は優れた食材、いい素材を見つける能力を持っているからだと思います。

そういういい食材は当然値段も張りますからもっと一般の人にも多く食べてもらいたい、ということであえてリーズナブルな値段で和食やフレンチを提供している、というこだわりを持ったお店をやっている方もいらっしゃいます。

けれどもそのお店のオーナーがこういうふうに言っているのを聞いたことがあります。

「それでもやっぱり超一流の料亭の味にはかなわ

ないかもしれない。

料理では素材が何より大切なんです。

もちろん少しでもおいしくするための努力は惜しみ

ません。

けど、料理人の仕事というのはあくまでその素材

の良さを引き出すことなんです。

せっかくのいい素材をあれこれいじくりまわすとい

うのは決して一流の料理人がすることではありま

せん。 」


野川氏が第一回と二回で紹介してくれた売買のやり方自体はいたって平凡、普通のものです。
もちろん根拠の部分はかなり掘り下げて考えてあります。
しかし表面的な手法自体は入門用の相場本にも書いてあるようなことばかりです。

じゃあ素人とプロはいったい何がちがうのか。
おそらくプロであったとしてトレンドが明確でないゴチャゴチャとした値動きは取れないのだと思います。
というかプロは決してそこでは売買しないはずです。

プロは自分で探しにいくんです。
料理人がいい食材を求めて世界中に出かけていくように
漁師が獲物を求めて船で海に漕ぎ出すように
チャンスが来るのをただ待っているだけではダメだということです。

考えて見ればあたりまえのことです。
受身の姿勢で人生が豊かになった、勝手に人生がバラ色になった、あるはずがありません。

そうとは知らず今までの私は市場がどうのこうの、銘柄がどうのこうの・・


馬鹿丸出しです!


また銘柄固定売買には他にも弊害があります。
どうしても余計な売買をしやすくなるんです。
チャンスの数自体が少ないものだから優位性がそれほど高くないポイントでも売買をしてしまう、せざるを得なくなります。

もしプロのデイトレーダーだったら今日は何もしなかったから儲けはゼロだとか、漁師が今日は魚が一匹も釣れなかったでは当然話しになりません。

もちろん趣味の一つとしてトレードするならそれでもいいかもしれません。
運がよければおこづかい程度は稼げると思います。

しかし本当に相場が上手くなりたい、プロのトレーダーとも渡り合えるような力を付けたいと思ったらやはりそれでは無理ではないだろうかと思うのです。

今まであまりにも限られた世界しか見ず狭い視野しか持っていなかった自分を反省して、これからは株、商品、為替といったカテゴリーはもちろん時間枠にも捉われず、もっと広い視点から相場の世界を見て勉強していこうと思います。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
スポンサーサイト


コメント

  1. zenmachine | URL | f3.AbFOU

    うわー、すごいいいこと書いてあるのに、コメント0とはもったいない!

  2. ビットウィーン | URL | -

    zenmachineさん?

    一体いつの記事にコメント入れてるんですか?

    ま、まあそれでも古い記事に拍手とかがされていると、うれしかったりするけどね。

    そういえばスイスフランを取引していることみたいなことを言ってたけど、日本のトレーダーだとやっぱりドル円やクロス円を売買している人が多いみたいだ。
    アメリカはどうなのかな?

    それと最近の日本の業者はスプレッドがずいぶん狭いが、海外業者はどうなっているのかな?
    レバレッジ規制とかの話が出ているんでちょっと興味がある。


  3. あらなみ | URL | aIcUnOeo

    とてもいい記事ですね。

    マーケットセレクションの話に言及されています。

    ほとんどの人は、マーケットに自分を合わせようとします。
    マーケットがこうなのだから、何とかそれにあった手法、売買戦略を探して、何とか見ている銘柄に合わせようともがいています。

    しかし、ちょっと発想を変えると・・自分の得意で、シンプルな戦略が通用するマーケットを探せばいいのではないのか・・・

    軍曹、そういえば、ヨーロッパの某銘柄がいいっていってたよな・・世界中を探して、自分にとって楽な銘柄を探す・・・発想が逆・・・

    喫茶BIA地下15階にて、
    マーケットセレクション完

  4. ビットウィーン | URL | -

    あらなみキャプテン、こんばんは

    野川さんがDVDの中でも韓国の株価指数がボラティリティがすごく高くていいとおっしゃっていました。
    最近はCFD取引なんていうのも出てきたので非常に興味を持っています。

    ところで久しぶりにキャプテンの過去ログを復習していたら『ブートキャンプ編』が終わった後は『ナスダック進出編』というのがあると書かれていました。

    かなり興味をそそられるタイトルではあるんですが、これは年内公開とかはやっぱ無理なんでしょうか?
    ブートキャンプ編もなんだか初期の話からあまり進んでいない気がするのですが・・

  5. あらなみ | URL | aIcUnOeo

    私の悪い癖:
    好奇心旺盛で、何でもかんでも新しいことに口を出したがる。
    ちょっとかじっては、ポイとしてしまう。
    新しい話題が出ると、前に書いていたことは、興味の対象から外れてしまう。

    そのため、何でもそれなりに器用にはこなすことができるが、一芸に秀でることができていない。

    軍曹からも、「それが君の欠点だ!!」と指摘されている。

    以上・・って??

  6. あらなみ | URL | aIcUnOeo

    ***今後のラインナップ****

    ①ブートキャンプ飛躍編
    あの伝説のブートキャンプで何があったのか。何故、負け続けのトレーダーが一瞬にしてプロへと変貌を遂げたのか。いよいよ物語りはクライマックスへ突入する。

    ②ナスダック放浪編
    ネットバブル時代のナスダックへ、あらなみは乗り込むのである。そこで激しく売買をすることで、あらなみが見た世界NO1のマーケットとは何だったのか。そして、あらなみは、そこで何を学んだのか。ある奥義をマスターするのだ!!ナスダックには、恐るべき秘訣があったのだ!!

    ③マーケットセレクション奥義
    投資で勝つには、特定の強い相手と勝負する必要はない、と説くあらなみ氏。
    同じ格闘技で戦うとすれば、ボブ・サップよりもミスターおくれ、の方がいいのではないだろうか。
    自分の武器を磨いて、相手を倒すことを考えるのではなく、弱い相手を探す方が楽だ、と説く野川流秘伝「奥義Mrおくれを探せ」シリーズ、近日クランクアップ!!

    ④テクニカルとファンダメンタル実践応用編
    そもそもテクニカルとファンダメンタルは車の両輪のようなものである。一面しか捉えずに、テクニカルの城に閉じこもって、ファンダメンタルを理解しようとしないテクニカル分析絶対信奉者が多いのだ。ここであらなみ氏は、ファンダメンタルの背景とテクニカルの融合を唱える新理論を展開する。

    ⑤トレンドフォローを極める
    何故トレンドは発生するのか。そもそもテクニカル分析とは何か。高値と安値を探すためのものなのか。一般に広まるテクニカル分析の誤解を指摘しながら、トレンドフォローの奥義を解説する。

    ⑥システムと裁量との違いから相場のコツを探る
    システムトレードと裁量トレードには、大きな違いがある。それぞれのいい点、悪い点を客観的に観察しながら、それぞれの欠点を浮き彫りにし、その欠点を克服することによって、トレードを質を上げていくヒントを探る遠大なシリーズ。

    ⑦投資マインドこそ上達の秘訣、理想の自分を持つということ
    トレーダーにとって、何が最も大切なことなのであろうか。
    エッジのある売買戦略、環境認識、投資心理、なのだろうか。「そんなものはどうでもいいことだ。」とあらなみ氏は、指摘する。トレーダーにとって最も大切なこととは、何か。一般にはほとんど意識すらされないそれらの前提にある心の問題について、鋭く描く大型シリーズ。


    など、ラインナップが続々登場!!
    今後のブログに注目だ!!
    (地下15階なら誰にも見つかるまい、ふっふっふっ)

  7. おくあん | URL | UqvKyfh2

    おじゃまします、おくあんです。

    いやー、しかし、今日は、早朝から、笑わせていただきましたよー。
    わたし的に、ひさびさの、ヒットですね。

    お。
    あらなみさん発見。

    だ・か・ら、どこに書いとるんじゃー!

    しかし、
    参謀も、だんだんと、変貌してきましたよー。
    誰か(複数)の影響で。(笑)

    レポートは、あらなみおっかけ隊の、おくあんでした。(笑)
    (しかし、ボケとつっこみの、つっこみの方を書くって、おもしろいな。笑)

  8. ばん | URL | JalddpaA

    おっ!なんだか、盛り上がってますね♪

    ビット晴れのなかには沢山のお宝が埋もれていますね。
    喧騒を離れて潜ってみるのもいいかもしれません。

    それにしても、ゼンさん。素敵な記事を探り当てましたね。ありがとうございます。

    荒波さんのラインナップもすごいものがありますし・・・。

    ますます目が離せない地下討議場ですね♪

  9. あらなみ | URL | aIcUnOeo

    わぁーー、約2名に捕捉されてしまった。

    素早いぞ!!

    おまけに、おくあんさんは、ボケたらきちんとつっこんでくれる、という大阪人としての当然の礼儀作法をきちんとわきまえておられる、強敵じゃ!!

  10. ビットウィーン | URL | -

    あらなみキャプテン、こんにちは

    おおっ!
    す、すごいラインナップじゃないですか!
    どれもこれも楽しみです!

    ところでさきほど新規の方に野川さんのDVDのお勧めを聞かれたのですが、とりあえずキャプテンお勧めの「第1回 野川徹の<売買戦略>徹底マスター講座」を紹介しておきました。

    と調べてみたら、なんと私がはじめて行った野川さんのセミナーのDVDではないですか!
    たしかにあれは素晴らしくてこの間のセミナーに行ったときも本当は帰りに買おうと思っていたんです。
    それが前日にヤフオクで大人買いしてしまって・・・結局買わずじまい・・・

    『世界のトップトレーダー達の運用手法を学ぶ』【基礎編】 というDVDだけが他と比べて値段が張るようなんですが、何か他のDVDとは違う特別な内容が収録されているんでしょうか?
    巻数が6巻セットとなっているので単にそのせいかもしれませんが。

  11. ビットウィーン | URL | -

    おくあんさん、こんにちは

    すっかりキャプテンのおっかけになってしまわれて。

    >わたし的に、ひさびさの、ヒットですね。

    っておっしゃいますが、私的には最近の司令はとにかくいろいろな場面で楽しそうにしているような気がするのですが・・・

  12. ビットウィーン | URL | -

    ばんさん、こんにちは

    う~ん、せっかく本来のコンセプトに立ち帰り、とりとめもない日常生活の記事でものんびりと書いていこうと思ったのですが、無理やり古い相場の記事を引っ張りだしてきてみんなでわいわい騒ぎだすとは・・

    地下深くでディープなやり取りが行われているのを悟られないためにも、カモフラージュとして表では私がお馬鹿な記事をいろいろ書いておきましょう。

  13. ばん | URL | JalddpaA

    ビットウィーンさん、こんにちは♪

    「面白検索キーワード-GW特別編」のコメント欄で「トレンド論文」が始まったのを見てさすがだなぁ。
    と感心していました。

    「面白検索キーワード-GW特別編」に切り貼り感(失礼^-^;)を感じたので なにかあるかな?とは思ったのですが・・・。^-^

  14. zenmachine | URL | f3.AbFOU

    ダー!あー、常連のみなさん、いたいた!あのれすね、ヒック、じゃそおいうことで、いまからこっちの居酒屋ビットで2次会ってことで。ヒック。

    え、うちの息子の自転車制覇記念れすよ、もひろん。いやからんでないっすよ。でへへ。
    さ、みんな飲んで飲んで!ぼくのおごりらからね~!@

    ZZZ…

    あらなみさん!その悪い癖って、僕のことじゃないれすか!全部同じ!ダハハ!乾杯~!AB型ばんざい!
    いつもほんとありがとう!キャプテン最高!
    こんど軍曹さんも連れてきてくださいよ!間接的にいろいろおせわになってまふから。ごあいさつしておきたいなと、はい。

    おくあんはん、飲んでまっか?!
    (肩組んで)いやいつもね、おもうんだけどアンタは漢だよ!いい人ら!うん!ほんとうにどうもありがとう!
    宇宙人パワー最高!

    ばんさん、アンタも漢だ!熱いよ!(また肩組む)がんばっていこうよ!
    その熱い思い、すごくわかるよ!(涙)

    先輩!オイ!ちょっとこっち座って!カウンターん中いるばあいじゃないっしょ!いいから、仕事なんて!(また肩組む)
    たまにはさ、ぶれいこうでいこうよ、ねっ!

    ZZZ…

    はっ!(よだれ拭く)

    え?なになに?

    いや酔ってないって!だいじょぶだいじょぶ!!

    umeさんどこよ!チョット!
    ほうしんさんは?ごくしょうさんもいないじゃん!
    先輩、でんわしてよ!

    だからさ、やっぱみんなあつまってもう一回決起の乾杯しないと!

    ZZZ…

    え?なに、すいすふらん?
    そーっすね、別に狙ってえらんだわけじゃなくって、代表的な6ペアくらいチャートにして眺めてて、いけそうなパターンがでてきたな!って思ってエントリーしたらスイスフランだったってだけで、とくに深い考えはないのれす。始める前は馴染みもあるしドル円とかっておもったけど、じっさい馴染みがあるからどうだってわけじゃないし、いけそうなパターンだったらなんでもいいじゃんって入ったんで、大きな声では言えないっす。
    やっぱアメリカでもスイスフランは少数派で、ドル円とかユーロ、ポンド、おおすとらりあ絡みとかが人気みたいっすよ。

    日本の業者のスプレッドの狭さには驚いたけど、アメリカでも2pips以下とかもあるし、よーろっぱの業者もけっこうせまいみたいだし…。
    ただね、こういう業者ぜーんぶまーけっとめーかーで、結局競馬でいえばノミ屋っすよね~。
    本腰いれてFXやるんならやっぱ手数料はらってちゃんとECNブローカーでやるか、あとCMEの為替先物もいいんでねえの、とおもってるんすよ。スポットFXと違って透明性があるしね。
    レバは日本の業者のばあい400倍とか500倍とかフツーにあるじゃないっすか。それはチョット異常じゃないかと。20倍でもかなりのレバのような。
    小額ではじめられます、とかさ、どう考えてもシロートひっぱりこんで身包みひっぱがしてやろう、っていう魂胆のような…。そんなカンタンにもうかるわけないんだからさ。
    ま、シロートだからわかんないけどね。え?カチンとくるって?いやまあそこは、もう一杯いこう!

    かんぱ~い!ダーッ!!

    ZZZ…



  15. あらなみ | URL | aIcUnOeo

    なんやなんや、まじめな記事を書こうとしたら、酔っ払いが一人暴れているぞ!!
    誰か、おらぬか、こいつをつまみ出せ!!

    ふぅー、すっきりしたところで、ここは地下15階の秘密の小部屋、仲間が密かに集って、超まじめな投資の奥義について、議論しあうところなのだ!!

    神聖なこの場を汚すでない!!

    ということで、まじめ記事に・・・


    まず結論です。
    『世界のトップトレーダー達の運用手法を学ぶ』を買う必要はありません。

    その理由です。
    このシリーズは、セミナーをはじめだした最も初期のものです。

    ブートキャンプ終了直後あたりだったと思います。
    当時は、考古学者が幅をきかせていた投資業界において、タートルの手法を紹介したりだとか、リスクマネジメントに言及したりと、それはもう画期的なものでした。
    ただし、過去形です。
    価格は過去からと同じです。

    別に今見てももちろんいいわけですが、確か、トレンドフォローセミナーが今行われているはずです。
    当然、内容はこちらのほうが数段上になるでしょう。

    軍曹とて、日々進化しています。その進化形の中で、相場に対する考え方が最近になってまとまり変化しているように思います。
    ご自分でもおっしゃっていたように、最近になって、やっと本質が見えつつある、と。

    ブートキャンプ当時、環境、という言葉はあったとしても、今のように強調はされていませんでした。
    また、投資心理面にも言及されてはいなかったと思います。

    当時は、リスクマネジメント、トレンドフォローの2本立てでした。
    ブートキャンプの4年間、塾生も進化したわけですが、軍曹も進化していきました。

    そして、それからもう10年以上の歳月が流れています。

    また、初期のものだから初心者向けかといえば、そうでもありません。
    初心者こそ、考えがまとまったシンプルな今のセミナーから入るべきです。

    難しいことを難しく説明する人は、本質をわかっていない人です。
    軍曹とて同じ。見えない相場を何とか見えるようにしようと、四苦八苦しながら、塾生と一緒に戦っていた時代でした。

    最近は、特にシンプルになってきています。それだけ見えてきているということなんだと思います。

    進化形に接することができるのですから、過去を振り返ってもあまり意味はないというのがその理由なのです。

    ブートキャンプ日記(完)

    (ブートキャンプの名残や軍曹の進化を辿るといった別の目的があれば話は別ですが・・・)
    (もしくは、自称師と仰ごうとする人とか・・・・商売に使おうとか。)

  16. おくあん | URL | UqvKyfh2

    ははー、酔っ払いは、たたんでLA行バスにほうり込んでおきました。(笑)
    (参謀の最後の行は、ちょっと、あぶないですよ。これは。笑)

    それと、以下の、手紙をわたしておきました。

    しかし・・・ねえ、zenmachineさん。
    バスのはなし、同感しましたよ。

    わたしも、たまたま、ビットウィーン博士っておもしろそうだなと乗り込んだバスに、参謀というどえらい方が乗っていらっしゃって。
    また、まわりをみたら、おもしろい連中がいたり、乗ってきたりして。
    その連中が、どういうわけか、バスのなかで、勉強会はじめてやんの。(笑)
    なんだこれと、思う間に、ここまで来たわけだ。

    聞いてると。
    あ。なんだ、その勉強なら、おれも、しているしということで。
    たぶん、参謀もそうだと思うけど。
    いつのまにか、バスのなかで授業やっちゃてるわけ。(笑)

    こちらもいろいろ勉強になるし、ま、いいかということで。
    参謀をおっかけて、キャラバン隊するのも、おもしろいし。(笑)
    いまでは、わたしもバスに乗り込んでよかったなと思っている。


    バスのオーナーであるビットウィーン博士に感謝。

  17. ビットウィーン | URL | -

    みなさん、お揃いのようですね

    ってあれ?

    また、ほうしんさんだけが全然あさっての方向にコメントをしてるみたいだな。
    お~い、ほうしんさ~ん!
    置いていっちゃうよー!

    まったくあの人は一人だけ独特の空気を出しているんだから。

    えっと、何だかカオス状態で収拾がつかなくなっているのでとりあえず・・

    気合だー!
    みんなでお月様に向かってレッツゴー!

    ただし服はちゃんと着てきてくださ~い!
    変な集団がいるって逮捕されちゃいますから。

  18. ほうしん | URL | zwmGAl4I

    あ~~!待ってぇー!!

    このバスにだけは、置いていかれる訳にはいかないんですぅー。


    おーなんとか、間にあってよかった(^_^)

    違うところでいじけてたのを、見つけてくれたんですね。
    隊長、やさしすぎるっす(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://betweenfx.blog43.fc2.com/tb.php/249-d8fe3b67
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。