FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に予測せよ

2009年02月15日 19:16

「予想はしない」

相場の上げ下げを聞かれたときにこう答える人がいます。
どういった意味で言っているかは人にもよりますが、おそらく多くの人が勘違いをしてこの言葉を理解している気がします。

「相場の動きはランダムだから予想したってしょう

がない。だから自分は予想はしないんだ。」


相場の動きがランダム?

じゃあいったいどうやって相場から利益を上げようというのでしょうか?

ナンピンをしたことがある人なら次のような経験があると思います。
ナンピンをした下がる、再度ナンピンをする下がる、またナンピンをする下がる・・この繰り返しです。

「これだけ連続で下がるなんて確率の上ではか

なり低い確率なのに、自分どんだけついていない

んだろう。」


こういった考えは相場の値動きがランダムだと信じ込んでいる誤解から生まれています。
逆行が続くのは決して運が悪いからではありません。
トレンドが生じているからです。
そしてトレンドとは人間の心理が作り出すものです。

日々の相場においても1分足や5分足ではきれいなトレンドや突出した天井をつけた後の急激な下落などよく見慣れた典型的な上昇、下降相場が毎日のように繰り返し起こっています。

これらのチャートの値動きが本当に偶然起こったものだなんて私にはとても信じられません。

未来の値動きはある程度予測できます。


どうやって?


過去の値動きからです。


ただここで間違ってはいけないことは将来の値動きを当てにはいかないことです。
いくつかのシナリオを想定するのです。

たとえばAというプランとBというプランがあったとします。
どちらが起こる可能性が高いかということにこだわってはいけません。
期待値が高いほうのプランに乗るのです。

AプランとBプランが起こる確率が5分5分だったとします。
Aプランが実現したときのほうがBプランに比べて利益が大きい、または損失が少ない。
そう分かったらAプランに賭けるのです。

たとえ現実がBプランの値動きを見せたとしてもそれは問題ではありません。
大切なのは続けることです。
期待値が1以上ある戦略ならば繰り返せば必ず利益になります。
そこに運なんてものは関係ありません。

こういったシナリオの予測をしなければ相場で利益を上げ続けることは不可能だと思います。
相場がランダムだと信じて周りの環境認識をせずにいくら建て玉をいじくりまわしたって利益がでるはずはありません。

一番大切なのは現在の環境を把握することです。

それが分かったら現在と似たような状況が過去にもなかったかを調べます。
そうするといつくかのシナリオが思い浮かぶはずです。
そしてその中で期待値が最も高いと思われるシナリオに乗るのです。

建て玉技法が生きるのはこのあとです。
エントリーのタイミングだとか指標の使い方だとかも同じです。
まずシナリオがあってじゃあそれをどういった方法で取りにいくかという話になります。

どんなことだってそうだと思います。
まず目標ありきのはずです。
目標が定まって、ではそれを達成するためにどういった手順でやるかということが次にきます。
何をやっているかも分からず適当にやってたら素晴らしい作品ができたなんて話は聞いたことがありません。

スーパートレーダーたちがたびたび口にする「予想はしない」という言葉を文字どおりに解釈するべきではないのです。

彼らが真に言っているのは予想に全てを賭けるなということです。
未来を決めつけるなということです。

プラスの期待値を持つと思われる戦略に繰りかえし小さく賭けていくのです。
一回一回の予想が当たった外れたは重要ではありません。
大数の法則が効いてくるまで繰り返すことです。
それが相場必勝法です。

予想なくして相場で勝ち続けていくことはやはり不可能だと私は心からそう思うのです。




常に環境を考え、予測せよ

by Between


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://betweenfx.blog43.fc2.com/tb.php/236-f6629807
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。