スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽は沈まない

2010年01月16日 10:09

ジャカジャジャッカジャーン

嫌んなった  もう駄目さ  だけどクサるのは止めとこう
陽の目を見るかも  この俺だって~



みなさん、こんにちは
突然ですがブログを引退することに決めまして、今回が最終回になります。
昨年末からモチベーションは下がっていたので、この辺りですっきりやめることにしました。

相場についてあれこれ言いたいという気持ちも、ほとんどなくなりました。
少し前にも書きましたが相場の世界では、誰かに何かを証明したり、認められる必要がないからです。

相場以外にもプロスポーツなどもそうですが、こういう実力勝負の世界があるというのは大変ありがたいことです。

身の回りではもっともらしい理屈を言っているだけで、ある程度通用するという場面は珍しくありません。
自分の働いている会社の悪口ばかりを言って、それでも仕事が勤まるというのもそうでしょう。

そういう人達が言っていることが決して間違っているとは思いません。
ただ理論とそれを実践する間には天と地ほどの差があるということです。

ブログを始めてみて分かったことは、ブログの記事を書くのは思ったより大変だということです。
それなりの記事を書いて長い間続けている方はえらいと思います。

これからはそういった頑張っているブロガー達を応援していきたいと思います。
その人がブログを続けていくモチベーションになるようなコメントとかをしていきたいです。

ブログ内で紹介した本についても、かなりの数の方に購入していただいて、ありがとうございました。
最近も相変わらずかなりの数の相場本を読んでいるのですが、新しいものも読みますが、以前読んだもので読み返しているという本も多いです。
自画自賛になりますが、こちらで紹介した本はどれも何度も読み返している本で、素晴らしい本が揃っていると思います。
相場本では紹介しきれませんでしたが、『シュワッガーのテクニカル分析』と『トレーディングエッジ入門』もぜひ手元に置いて何度も読み返したほうがいいと思います。

相場以外の本も自信を持ってお勧めしているので、ぜひ一度は読んでみてください。

それでは最後は大好きなジョジョ風に締めたいと思います。


俺が最後に見せるのは代々受け継いだ未来にたくす、デイトレーダー魂だ!

何度やられても立ち上がる人間の魂だ!

JOJOー!
俺の最後の波紋だぜー!
受け取ってくれーっ!



間違えることは悪いことではありません。
これは精一杯やったけどたまたま結果が伴わなかったということだけをいっているのではなく、考え方、やり方、行動が間違っていたとしても、それは悪いことではないと思います。

あるプロのデイトレーダーの方も、

相場にコテンパンにやられて、そこから初めて相場の勉強が始まる。
それまではスタート地点にさえ立っていない。


ということを言っていました。
これには全く同意、そのとうりだと思います。

勉強というのは強制されてやるものではないし、その必要もないと思います。
時が来てその人が必要性を感じてから始めても十分なのです。
何事にも遅すぎるということはないのだと思います。
過去を悔いているくらいなら、その瞬間から変わろうと思えば、ごく短い期間であっても得るものは必ずあるはずです。


あきらめない限り 決して陽は沈まない


それではみなさん、これまでたくさんの応援をありがとうございました!
またいつかどこかでお会い出来る日を願って!

SEE YOU!


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
    
一年半で累計拍手1836回です!
本当にたくさんの拍手をありがとうございました!
拍手の数×10回腹筋するぞ、企画をやっていたのですが途中から数が多くて追いつかなくなりました。
し~ん・・・いや、その、あの、これはちがうんですよ・・(・・;)
反省しまして、今日から今までの累計拍手分の腹筋を全てもう一度やっていきたいと思います。
目指せ、キン肉マン!
   ↓
スポンサーサイト

プロ魂

2010年01月10日 00:13

ワイはプロや! プロトレーダー猿や!

つむじ風舞う ティーグランドで

狙うは グリーンの ターゲット



みなさん、こんばんは
ゴルフにはまったわけではありませんが、最近「プロゴルファー猿の歌」が頭でよくリフレインしているビットウィーンです。

それはさておき、先日、新聞の投書欄に、定年後手帳に毎日その日の予定を書き込む習慣を始めたところ、仕事をやめて暇をもてあますどころか、非常に充実した退職生活を送っているという人の話が載っていました。

私も毎日トレード日誌を書くのはもちろんのこと、それ以外の生活面での一週間での目標を週末に決めて、それを達成できたかどうか日々確認することにしています。
目標の内容については何か大きなことを週のうちに一つやるというものではなく、毎日続けて実行できることを含めるようにしています。
習慣性、継続性を持たせるようにするためです。

・ランニングをする。
・○○と△■の数だけ腹筋をする。
・毎日、○×の問題集を○ページづつやる。
・NHKの英会話ラジオを毎日聴く。

といった内容です。
きちんとやったかどうかトレード日誌をつけるときに一緒に記録するようにしています。

なんでこんな日常生活の細かいことまで決めて記録していくかというと、それは

何が何でも、どうしてもトレードで勝ちたいからです。

普段はだらしない生活をしていても、トレードのことになると人が変わって規律ある行動を取れるという人もいると思いますが、自分はそういうタイプでは無さそうなので、日常生活からしっかりした生活を送るように心がけています。

毎日全てのトレード内容を徹底検証し課題を明確にして、翌日のトレードに臨むというのは当たり前の作業です。
これ位のことはやって当たり前、出来ないという人は相場をなめるな、そんなんで勝てるわけないだろ、おとといきやがれという話です。

とえらそうなことを言ってみましたが・・ (-。-;)

この基本的なことが出来ていなかった不届き者が昨年までの私です。

無残な負けトレードなどは一応記録はしていましたが、読み返すだけで気分が悪くなるので、なぐり書きをしてあとはろくに検証もせずにほったらかしということがよくありました。
「無駄死に」とはまさにこのことです。

たくさんの負けトレードをもっとしっかり検証していたら、今頃はどれだけトレーダーとしての技量が向上していたかと思うと悔しくてなりませんが、過ぎたことなのでしょうがありません。

これからはどんな無様な負けトレードでも、それを直視して、次のトレードへの糧としていきます。

何か大きな目標を持ったり決意をすることはいいことですが、ただ思うだけではその夢が実現する可能性はまずないと思います。
考えたり思うだけでは誰でも出来るという話です。

実際に夢を実現させるものは、日々の小さな努力の積み重ねであり、そうした継続した行動なしに何かのきっかけで瞬間的にその人ととなりが変わるということは極めてまれではないかと思います。

自分も気持ちだけは、もうプロのつもりでやっていこうと決めましたので(実績はまだまだこれからですが)、基本的なことは頑張ってやるものではなく、やって当たり前という気持ちで実行していきたいと思います。



物事を完璧に上手にこなすのがプロではない。
どんな環境でも常に自分のベストを尽くすのが本物のプロである。

by BETWEEN


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

相場に賭ける

2010年01月02日 00:19

たいていの事柄については、成功の度合いを基準にしてその人の能力を計ることは出来ません。
しかしトレードでは毎日毎日、自分の能力を思い知らされるのです。

by Dr. Gary Hirst



自分の仕事に対して正当な評価がされていないと感じている人は多いと思います。
給料の額というのも単にお金がたくさん欲しいというのもあるでしょうが、それが自分の評価を表していると思うからこそ、その額にもこだわるはずです。

ただし本当に能力がある人、会社や社会に貢献している人が高く評価されるのかというと甚だ疑問です。
人を評価するというのはそれほど難しいことです。

幸せになるための方法として真っ先に思い浮かぶのは、この他人から高い評価を得るということです。
しかしホリエモンもかって語ったように、他人の評価というものはお金や地位である程度手に入れられるものだということは真実だと思います。

お金で人の心は買える

という言葉を自信を持って否定することは、世の中を見てみればそう簡単なことではありません。
このことからも周囲に認められている人間が、必ずしも人格者であるとか能力が高いとは言い切れないと思います。

けれどもこういった生き方の問題点はお金や名声を失った時に露呈します。
それらを失った時にはたして何が残るのかという問題です。

おそらくは何も残りません。
お金や他人の評価というのは不安定なもので、手に入れてそれを維持するのは大変かもしれませんが失うのは一瞬で簡単なことです。
ひと時の栄華に酔う人はたくさんいますが、それらを保って一生を終えられた人というのはまれだと思います。

私が相場をやる理由は金銭的な報酬の魅力もありますが(相場で名声を得ようとは全く思わない)、自分の能力を試したいという動機が大きいです。

これまでに何度か結果が全てではないということを書いてきましたが、正直に言うと相場ではやるべきことをやって結果が伴わなかったということが、これまではあまりありませんでした。
同様に正しくない行動をした時は必ずその報いも受けてきました。

相場の世界を魑魅魍魎の世界と呼ぶ人もいますが、私にとってはこれほど公正な世界は他には無く、自分の全能力を試すのには最高の場所だと思っています。

またこれは幸せになるための他人の評価に頼らないもう一つの方法論にも合致します。
それは自分に誇りを持つということです。

実は周囲はその人のことを認めているのに、自分への評価が低いために幸せになれないという人は結構な数がいると思います。
これは自分の周囲でも心当たりがある人を何人か見てきたので、たしかなことだと思います。

私は小さい時から自分が死ぬ瞬間というのをよく考えてきましたし(暗い子供ですね)、最近では自分がもし全財産を失ってホームレスになったらどうなるだろうか、ということも考えたりします。

その時、唯一残るものは、やはり誇りだと思うのです。
誇りだけは誰にも奪うことは出来ないたった一つのものです。

死ぬ瞬間に、精一杯生きたと思えるかどうか。
何一つ物質的なものを持たない身になっても、内に秘めたものだけはあるかということが重要だと思います。
これは自分の人生を他人の評価に委ねるのではなく、自分でその価値を決定するという生き方です。

この目標を達成するためにも、自分の能力、誇り、そして存在価値というものを全て賭けて相場に今後も真剣に取り組んで生きたいと思います。




トレードでは優秀かどうかは最終的に儲けたかどうかではっきりと決まります。
儲けた金額を人に言う必要はありません。
トレードの結果は自分で見られるわけですから、自分の能力は歴然と分かります。

年末の時点で1000万ドル儲けていれば、疑いの余地はありません。
「すごいけど、本当は優秀なトレーダーではないんだ」
などとは人には言わせません。
そんなものは笑い飛ばせばいいのですから。

「マーケットの魔術師 システムトレーダー編」より


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。