スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の気持ち

2009年06月29日 23:10

ありがとう、相場

今日もトレードをさせてくれてありがとう。
自分にチャンスをくれてありがとう。



ありがとう、相場

勝たせてくれてありがとう。
引き分けにしてくれてありがとう。
損をさせてくれてありがとう。


ありがとう、相場

相場は友達。
いつも願いをかなえてくれてありがとう。


ありがとう、相場

ひいきせず誰とでも付き合ってくれる相場。
友達になってくれてありがとう。


ありがとう、相場

努力に正しく報いてくれる相場。
夢を持たせてくれてありがとう。



今日も、ありがとう、相場


※毎日トレードを始める前に心を込めて「ありがとう相場」と声に出して感謝の気持ちを捧げることにしました。
トレード中も常に相場への感謝の気持ちを忘れずにトレードしようと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

いつでも人生は変えられる

2009年06月28日 12:37

コメントの返信が長くなったので記事にします。

しょらごん姉さん、こんにちは。

>「順張りをできるようにはなったけど、できていても苦しい、というようなことを 以前おっしゃっておられたと思うのですが、克服されたということなんですね。」

そういえば値頃感みたいなのは最近忘れました。
慣れもあるかもしれませんが、最近、私は散々トレンドフォローだとエラそうなことを言ってきたにも関わらず、カウンタートレードの割合が増えてきて、ブレイクアウトや飛びつきは逆に封印しています。
これらはむしろ最重要禁止事項です。理由はパフォーマンスが悪いからです。

最近はひたすら節目で待っています。
ゴルゴ13のごとく、引き付けて引き付けて引き付けて、止まったかほんのちょっと反発を確認したらエントリーします。
損切り幅を最小にするためです。

>「本能に負けないメンタルというのはだんだんに培えるという類のものではなく、 どこかで意識の切り替えが必要になることだと思います。
また、単に感情や意志の強さでなしえることでもないでしょう。
最近これを体験されたと思うのですが、ビットさんにとってその変容のキーはなんだったのでしょうか。」

変化のきっかけは以前も言ったようにトレードに負けたというのもありますが、最初はちょっとしたきっかけだったと思います。
けどそのちょっとしたきっかけで始まったことが、完全に好循環のサイクルにはまったようで、どんどん自分の力が増しているのを感じます。

どうも最近はやたらと勝っていると宣伝するうさんくさいブログみたいな記事になってきて自分でもちょっとウンザリしているんですが、すごく勝っているのは事実です。

この先も勝てる自信があると書いていますが、(まあ本当にそう思ってますが)これは相場が上手くなったとか技術が身についたとかそういうことではありません。
むしろ一日でも気を抜いたらまた元に戻ってしまうことが分かっています。
絶対に元に戻りたくないので、毎日必死にやるしかないと思っています。
ただそうすれば絶対に上手くいくという確信もあります。

スイングトレードをやっている人にはメンタルの話は今一つ分かりにくい部分があるかもしれませんし、相場の考え方も正統派のトレンドフォローとは大分違ってきています。
たとえば今の私の考え方の一つは最安値で買って、最高値で売ることです。
こんなのはトレンドフォローでは絶対にNGのはずですので、決して真似をしないでください。

相場の考え方、やり方は参考にならないかもしれませんが、それ以外の取り組む姿勢や心構えは他のことにも共通して通用すると思います。

まず強い感情を持つこと、そしてそれをどんなに小さなことでもいいから行動に結びつけること。

ちっぽけに思えることで他人が何だそんなことと言うようなことでも、それを認めてあげて自分を褒めてあげること。

けどそれに決して満足しないで、自分はもっと出来ると常に自分を励ますこと。

最初に勇気を振り絞って頑張れば、あとは船が勝手に動いてくれます。

この第一歩というのは私は誰にでも出来ると考えています。


まあこれはしょらごんさんには今さら言う必要がないことかもしれませんが、他の人のために一応書いておきます。

以上、オカルトトレーダーからの回答でしたが参考になったでしょうか?
怪しさ満点ですが・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

自立-尊師依存症からの脱却

2009年06月28日 11:16

今の時代は自分の頭で考えようとする人が少ないというようなことをよく聞きます。

私は決してそうは思いません。
誰だって人間である以上、自分なりに考えているし、素晴らしい創造力を持っていると思います。

けれど自分の考え、主観的な判断に自信を持っている人ははたしてどれくらいいるのでしょうか?

これには文化的特性の面もあると思います。
他人の考えを心から素晴らしいと思ってそれを褒めても、本人はそんなことはありません、と謙遜するのが普通の日常のやりとりだと思います。

社会では独りよがりはよくないとか、他人の意見を尊重することが一般には美徳とされていますから、無理もないかもしれません。

ただこれが単なる表面上の謙遜だけだったらいいのですが、自信を持つことがよくない、自分がすごいやつだと思うことに罪悪感を感じるとなるとそれは大きな問題だと思います。

言うまでもなく相場の世界では、こういった考え方が大きなマイナスの要因になります。
いかに大衆から抜け出して、自分だけが儲けられるかというのが、そもそも相場の世界です。
他人の意見ばかりを聞いて周囲に付和雷同していて勝てるはずがないではありませんか。

しかしその不安な気持ちも分かります。
誰だって自分ひとりで行動するのは不安だし、集団の中に入ることによって得られる安心感というものがあります。
経験の浅い自分の判断より、権威や実績を持った人の意見を優先させたくなります。

たしかに先駆者の教えというのは大切です。
そこから学べることは多いと思います。
まして彼らを越えたいのであれば、そういった先人の力を借りるしかありません。

しかし真に学ぶべきものは知識や技術ではなく、彼らの物事に取り組む姿勢だと思います。
どんなにすごいと思える人でも、初心者の時代というものがあったはずですから、そこからいくつかのプロセスを経て現在の力を持つに至ったはずです。
ですから成功者の成長のきっかけになった出来事とか、実力をつけるために日々行ったことを知ることは極めて重要なことだと思います。

けれども先人から学ぶべきものはそれだけで十分だし、むしろそれ以上のものを求めるべきではないと思います。

たとえば師匠の下にある一人の弟子が入門したとします。
師匠は全てを伝えようと熱心に教える、弟子も言われたとおり一生懸命頑張る。
結果、どうなるか。
きっとその弟子はたいしたものにはなれないと思います。

ある程度の成果は望めると思いますし、それなりのレベルには到達するでしょうが、それが限界だと思います。

私の実体験から言えることですが、物事がすごく上達する人というのは人の言うことなんか聞きやしません。
言われたとおりのことなんか全然しません。

教えている側からすれば実に気にいらないことですが、教わっている本人にはそういう意識がほとんどないようです。

この人たちはやり方を真似しているのではなく、考え方の基本や姿勢を真似ているんだと思います。
やり方は自分の好き勝手な方法でやっているようです。

そしてこういう人たちは、しばしば素晴らしい発想をします。
こういう発想が、ただ人に言われていることだけをこなしている人間には絶対に生まれてこないんです。

他の人にそういう能力がないわけではないと思います。
ただ多くの人は自分の力に自信を持っていないし、権威者の意見を優先させてしまいます。

しかしそれではいつまでたっても成功への道は開かれないと思います。
もっと自分に自信を持たなくてはいけません。

私は相場において、誰かの背中を追いかけるということは、もうしないつもりです。
みんなで仲良くわいわいやったり、赤信号みんなで渡ればこわくないみたいなこともやらないつもりです。

寂しい気持ちもありますが、もうこの道を戻るつもりはありません。
戻ってどうするのか、相場で勝たないでどうするのかという思いです。
後退は二度とありません。
自分が信じる道をどこまでも遠く歩き続けます。
この先も相場で勝ち続けるのみです。


「道近しといえども行かざれば至らず」  荀子


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

目標の変更-オカルトトレーダーとは

2009年06月27日 11:23

みなさん、こんにちは!

オカルトトレーダーのビットウィーンです!

今週も毎日トレードで激勝しました!


まあ勝つのはもう当たり前なので、この先は負けたときしかいちいち言いません。
(むかつくかもしれませんが、負けている人は原因をよく考えるべきだと思います。)

それはさておき、私は以前ビートルズを立ち上げるときに、

「10年以内に相場での年間利益がサラリーマンの平均年収を越えること」

というのを目標として掲げましたが、この目標の期限を修正したいと思います。

期限は三年以内に変更します。
今年を一年目としてカウントしますから、再来年までに達成することを目標にしたいと思います。


石にかじりついてでも何としてもこの目標を達成してみせる!


・・・何て言うと思ったら大間違いです。


バカ言ってんじゃない!
こんな目標楽勝だ! 簡単すぎるぜ!



そもそもこんなのは、私が本来目指しているところなんかでは全然ありません。

俺が目指しているのはこんなレベルじゃない!
俺の目標はスーパートレーダーだ!
これは横目でチラッと見るだけの通過点に過ぎんのだ! 

こんな低レベルの目標は甘い!甘い!甘~い!

甘すぎるぜ!!

え~と、ここで読者の中には、またキチガイがおかしなことを言い始めたと呆れ返っている方がいるかもしれませんが、これは決して強がりで言っているわけではありません。

というより以前の目標はあまりにも志が低すぎて、自分で今見ると恥ずかしいくらいです。

今年中の達成は少し難しいかもしれませんが、本当は来年を期限にしようとも思ったくらいです。(また短縮するかもしれません。)

目標を決めて、すでに計画も立てていますから、後は実行するかどうかだけが問題だと思います。
自分の力を持ってすれば必ず達成できると確信しております。

これを読んで単なる誇大妄想だと思っているそこのあなた。
相場の世界は厳しいとか、難しいとか、ごちゃごちゃ屁理屈ばっかり言っているそこの君。

ヘタレが移るから俺の近くに来るんじゃねぇ!

シッシッ!



トレードの結果とは己の精神の結果である!

それが分からない奴とは理解しあえるはずがない!


言っている意味が分からないかもしれませんが、これは本当のことです。

トレードが難しいという人はその人の考え方に問題があるのです。

姿勢が変わっただけで勝てるようになるというのは少し言いすぎですが、考え方や感情というのは全ての力の源です。

考え・感情→計画→行動→達成という順番で物事は進んでいくと思いますが、考え・感情がなければ何も始まらないのです。

この強い気持ちがなければ絶対に行動には結びつきません。

たとえばダイエットにしてもそうです。

明日からきちんとした食生活を送ろう、毎日運動しよう、という計画が実行に移されないのはそこに強い感情がないからです。

近い将来にこうなっていたい、自分はこうなりたいという夢や目標がなければ人間はどうしても目先の本能的な欲望に負けてしまうものです。

だから若者と中年と老人は大志を抱け!

成功はその先にしかないのだ!


ただこのオカルトの話を勘違いしないでください。
トレードのやり方が奇想天外という意味ではありません。

むしろ理性に基づいた正しいトレードをするために、常識や固定観念を吹き飛ばす強靭なメンタルが必要なのです。

意識が変わったからといって急に予想が当たる確率が高くなったり、トレード技術が向上するわけではないのです。
ただこれまでにやっていた、してはいけないことを止めて、自分が正しいと思うことだけをしっかりやればいいのです。

それを経験したばかりの、もしくは経験中の私が言うのですから間違いありません。
それだけで絶対に勝てます。
(ただしあまりに経験不足の初心者はちと厳しい。それを言い訳にするのはよくないと思いますが)

特に短期のトレードではこのちょっとの差がすごく大きいと思います。
塵も積もれば山となるのごとく、小さな優位性の積み重ねが全体のパフォーマンスにすごく大きな影響を与えると思います。

相場で勝てないという人は相場が難しいから勝てないのではなく、自分自身に負けているのです。

それでは、今週も恒例のやつで締めたいと思います。
オカルトトレーダーのみなさんはどうぞ一緒にご唱和ください!

月月火水木金金!

欲しがりません勝つまでは!

50、60、喜んで! 

オーラロードは今開かれた!

明日からも俺はやるぜ!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

偉大なるトレーダーが選んだ名曲③-女性ミュージシャン編

2009年06月26日 12:48

私は硬派な正統派ロックファンなので、

「女なんかにロックのことが分かるはずがねぇ!」

と思っており、女性ミュージシャンの音楽はほとんど聴かないのですが、そんな私でも一目置いている実力派の女性ミュージシャン達を今回は紹介します。


「ありがとう」  KOKIA




少し前に紹介した動画の中でも使われていた曲なのですが、こんな人がいたんだと知って正直かなりビックリしました。



「Soak up the sun」  Sheryl Crow




女性ロック歌手の中では唯一好きなミュージシャンです。
デビュー時すでに31歳で苦労人ですね。 



「水の星に愛をこめて」  森口博子




ネ、ネタじゃないですよ!
彼女は本当に歌が上手いです。
かって天才カラオケ少年(?)と言われたこの私が言うのですから間違いありません。


「Eternal Wind」  森口博子




あまりに上手いのでもう一曲。
デビュー時と比べて声は大人になりましたが、歌の上手さは変わりません。
音楽に限らず芸術の世界では、上手いとかそれ以前に作品にどれだけ魂を込められるかというのが大切だと思います。
森口さんは単に歌が上手いだけでなく、まさに自分の思いを乗せて歌っているという点で素晴らしいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

おすすめ書籍の紹介⑤-「天  天和通りの快男児」

2009年06月25日 02:32

「天  天和通りの快男児」
福本伸行著





死ぬよ・・・・・・ 俺は・・・!
命は二の次・・・  
それよりも自分が大事だ・・・!


漫画の中の登場人物、赤木しげるはアルツハイマー病に冒され、病気が進行して己を失う前に、自ら安楽死の道を選びます。

旧友たちが集まり必死の説得に当たりますが、赤木は頑としてそれを聞き入れません。

この漫画のラストを初めて読んだとき、ものすごく感動しました。
赤木しげるの人生観に共感したからです。

今の時代は人の命がなにより尊いと言われます。
けど、私はただ心臓が動いていることを、生きているとは言えないと思います。

ひたすら上を目指すことが全てではない、夢を追い続けるだけが人生ではないという意見がありますが、私はこの考え方には真っ向から反対します。

仕事より家族の幸せのために生きるとか、そういった価値観を否定するわけではありません。
むしろそれは素晴らしい目標であり、立派なことだと思います。

しかし自分の夢や目標をとことん追い求めず、妥協して生きることには賛成できません。
私の価値観ではそれは生きながらにして死んでいるのと同じです。
そこに命の輝きは感じられないのです。

次の言葉は赤木しげるが後輩のひろゆきに対して最後に語った言葉です。
ひろゆきは赤木や天の天才性を真近に見て、自分の才能に限界を感じ、プロ麻雀の世界から足を洗って、サラリーマンとして停滞した日々を送っていました・・・


さあ… 漕ぎ出そう!
いわゆる「まとも」から放たれた人生に!
無論… 気持ちは分かる…
誰だって成功したい…
分かりやすい意味での成功… 世間的な成功…
金や 地位や 名声… 権力 称賛……
そういうものに憧れる… 欲する…

けどよ…

ちょっと顧みれば分かる!
それは「人生そのもの」じゃない…
そういうものは全部… 飾り…
人生の飾りに過ぎない!

ただ… やる事… 
その熱… 行為そのものが… 生きるって言うこと!
実ってヤツだ!

分かるか…?
成功を目指すな…と言ってるんじゃない
その成否に囚われ… 思い煩い…
止まってしまうこと… 熱を失ってしまうこと…
これがまずい… こっちの方が問題だ

いいじゃないか…! 三流で!

熱い三流なら 上等よ!
まるで構わない… 構わない話だ!

だから… 恐れるな!

繰り返す… 


失敗を恐れるな!



※赤木の死のエピソードは16~18巻に収録されています。
このラスト三冊は必見です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

相場はオカルト?!

2009年06月20日 09:33

最近、雀荘で10年働いていたことがあるというNさんに面白い話を聞きました。

マージャンの世界にはデジタル派とオカルト派という呼び名があるそうです。
デジタル派とは確率計算をして正しいと思われる選択を選ぶ人のこと。
オカルト派とは確率計算はできないけれど、期待収支が高いと思われる選択をする人のことをいうそうです。

プロの間では長くオカルト派が主流だったようですが、最近特に若手の間ではオカルト派を否定するデジタル派が台頭してきているようです。

マージャンの素人は確率思考で打牌するデジタル派の人には敵わず、やはり負けてしまうそうです。

ところがNさんいわく本当にマージャンが強い人はオカルト派だとのこと。
強いというより相手にならない、レベルが違いすぎるとのことです。

そして彼らが求めているものは点数でも目の前のお金でもなく、

「何をやってもうまくいく状態を作ること」

彼らはその為なら、意味のないアガリや自殺行為も平気で行う、まさに流れ以外は何も見ていないんだそうです。

しかしこのオカルト派と呼ばれる人たちも全くのヤマ勘で打っているわけではなく、あくまで基礎が出来ているという前提でこそ、勝負に勝てるとNさんに教えてもらいました。

このオカルト派と呼ばれている人たちの主張が

私には実によく分かる!

うんうん、まさに勝負事はその通りだと思います。

いや~これはいいことを教えてもらいました。

Newpondさん、ありがとうございます!

これは短期トレードと全く同じだと思いました。

ここ数週間、私は急にトレードで勝てるようになりました。
これが数回のトレードの結果なら運が良かったの一言で済むところですが、100回ほどのトレードの結果なので全てが運だとは言い切れません。

それもパフォーマンスが凄いんです。
利益額の合計が損失額の約3倍で、期待値に直したら何と300%です。
大きいホームランを打ったわけではありません。
むしろ最近はリスクリワードレシオは下がってきていて、勝率が逆に上がってきています。
そして引き分けがすごく増えました。負けがとにかく少ないんです。

このとんでもなく高い期待値は、少し前までの私なら信じられないところでした。

というよりも私がずっとトントンか薄利の状態から抜け出せなかった理由、そしてようやく殻を破って勝てるトレーダーへの第一歩を踏み出せた理由がまさにここにあります。

勝てると思うか、思わないかのちがいです。
出来ると信じるか、信じないかのちがいです。


自分の知識、経験、今の実力で勝てるはずがない。
そんな圧倒的なパフォーマンスが自分に出せるはずがない。
今少し勝っているのは実力ではなく、たまたま運がいいだけにちがいない。

こういう思考をしていたら絶対に勝てません。
一回のトレードではまぐれで勝つこともあると思いますが、トータルで勝つことはほとんど不可能です。

勝てないのは知識が不足しているのではなく、技術が稚拙だからでもなく、経験が足りないせいでもなく、自分で自分にフタをしているからです。

もっと知識が増えたら経験を積んだら俺だって・・

こう思っているうちは成功への道はいつまでたっても開かれません。

基礎となる知識、経験はマージャンのオカルト派の話と同じで、ある程度は必要だと思います。
しかしそれだけでは決して勝てない。
勝者のメンタリティーを身に付けなければ勝てないのです。

勝って当たり前だと思わなくてはいけません。

自分が勝者に値するだけの人間であると自信を持たなければいけません。


そういうメンタルを持たなければ利益がなかなか蓄積していかないのです。
せっかくいくらかの利益を得ても、自らそれを放棄してしまうような自虐的トレードをして、それを吐き出してしまいます。

よく相場では年間で20%のパフォーマンスが出せれば、それでもうすごい名人だ、それ以上のことを望むのは常軌を逸しているという話を聞きます。

それはあくまでシステムトレードとかスイングトレードの話だと思います。
短期の裁量トレーダーであればそんな固体観念には惑わされないことです。
そういう考えが逆に自分のパフォーマンスを押さえこんでしまう可能性があるからです。

損失はたしかにコントロールしなくてはいけません。
一ヶ月に資金の20%をやられてしまうみたいなことはあってはいけないと思います。
しかし成功の上限は設けないことです。
50%でも100%でも何百%でもいくらでも上を目指せばいいと思います。

そんな年間何百%を複利で回したら経済自体が破綻してしまう、非現実的だ、という意見があるかもしれません。
たしかに資金が大きくなると流動性の問題があって運用が難しくなるかもしれませんが、個人の資金量でやる限りは達成できない理由はないと思います。

そんなの無理だ、非現実的だという人は勝手にそう思っていてください。
私も勝手にどこまでも上を目指します。

人生の成功とは自分にどれだけの期待をかけるかによって決まるのである!

月月火水木金金!

欲しがりません勝つまでは!

一億特攻火の玉だ!

勝って兜の緒を締めてる場合じゃない!

俺の実力は、まだまだこんなもんじゃねぇ!

才能とやる気、根性を兼ね備えるこの俺に不可能の文字はない!

オカルトトレーダービットウィーン
ただいま参上!!


来週も俺はやるぜ!!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

謙虚さなどいらん!

2009年06月14日 11:17

謙虚

控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。



謙虚さというのは一般には最大の美徳とされ、いろいろなところで賞賛されている言葉です。

しかし誤解を恐れずあえて言おう・・・


わたくしはこの「謙虚」という言葉を自分の辞書から削除することに決めました!


私は別に傲慢になれといっているわけではありません。
しかしこの「謙虚さ」というやつが益になるどころか、逆に自分の可能性を狭めていると最近思うようになったからです。

悪いことをした人、怠惰な人がその報いを受けるのが当然であるように、努力をした人、頑張った人がそれにふさわしい対価を受け取ることもまた当然であります。
それを拒否するということは罪だとさえ思うようになりました。

そもそもいつも四六時中、謙虚にと言い聞かせていることこそおかしいのではないか。
何か逆にやましいことでもあるのではないか。

自分の行動が正しいかどうかは、嫌でも現実世界が答えを出してくれるはずです。
失敗が必然なら、成功もまた単なる運ではなく、自分の努力の成果が認められたと考えるべきでしょう。
それでこそ失敗も本当の意味で完全に受け入れたということになると思います。

今結果が出せていないのは、全て自分の行動に原因があるはずだ!
ならこれからはいい結果が出せるように、行動を変えていけばいい!

大切なのは行動だ!実践だ!
頭の中の屁理屈でも、非現実的な妄想でもない!


今すぐ自分に出来ることをやれ!!


え~と、ここまで一気に書いてきて

一体、こいつはどうしたんだ? 
おかしな集団のセミナーにでも行って洗脳でもされてきたのか?


と思われている方がいるかもしれませんが、そういうわけではありません。
むしろ一人の世界に引きこもって悟りを開いたというほうが正しいでしょう。

この謙虚さが成功の足かせとなっているということは、私自身が以前から感じていたことでした。

成功するだけの力があるのに、

いやどうせ自分なんてたいしたやつじゃない。
自分はふさわしい人間じゃない。


という意識が、自分を殻に閉じ込めているというのは多くの人にも心当たりがあることではないかと思います。
特に家庭環境にあまり恵まれなかったという人は、そういう潜在意識が強いかもしれません。

しかし何かを変えるのに遅すぎるということはありません。

難しいとか、出来ないとか、非現実的だとか言う人の話を聞いてはいけません。
ダークサイドに引き込まれてはいけません。

相場で利益を上げられる人は何百分の一だと聞いて、怯んでいるようではおととい来やがれです。

よっしゃ! じゃあ勝ち組に入れば他の負け組みのお金を全部巻き上げられる!

とポジティブに考えましょう。

成功する確率はほとんどないと言われている、と聞けば。

よ~し!じゃあヘタレどもは、やりもしないうちからさっさとあきらめるから、その分有利じゃないか!

とプラス思考でいきましょう。

謙虚さ、卑屈、クソくらえです!

ただ好きなことをやりたいだけ無心でやればいい!

(犯罪とかはもちろんやめてください)

儲けること、報酬を受けることに罪悪感を感じる必要はない!

さあ諸君!ふさわしいものを今こそ立ち上がって手に入れるときだ!



月月火水木金金!

欲しがりません勝つまでは!

勝って欲しいものを手に入れろ!

勝利の栄光を君に!



今週も俺はやるぜ!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

聖杯は自分の中にある

2009年06月13日 09:25

みなさん、元気ですかーっ!

元気があれば何でもできる!



え~と、今週のウイークデイは一度もブログを更新しなかったにも関わらず、結構な数の人が毎日見に来てくれていたようで、大変恐縮しております。 実にありがたいことです。

今週はトレードに熱中しておりまして、ブログを書いている暇がなかったのですが、そのおかげで、

週間で過去最高のパフォーマンスを叩き出したぜ!
ヒャッホー!



と喜びたいところなのですが、これには理由がありまして、実は先週が逆に過去最低のパフォーマンスで、かなりの損失を出してしまっていたのでした。

そのせいもあって今週はかなり気合を入れてトレードしてみたのですが、まさか先週の結構な損失を一週間でほとんど返すことが出来るとは自分でも思いませんでした。

何だ、自分、実はやれば出来る子だったんだね!ニコッ♪

トレードスタイルをそんなに変えたわけではないのですが、検証の仕方を大分変えました。

というよりも今まで私はトレードの記録をノートにはきちんと書いていたのですが、復習をあまり念入りにやっていませんでした。
正直負けトレードの見直しをするのも気分が悪かったので、さっさと記録して見ないふりとかをしていた位ですから、これではどうしようもありません。

しかし先週の痛快な負けっぷりで、ようやく目が覚めまして、全てのトレードを暗記するくらい徹底的に見直しをすることにしました。

電車の中でも人目をかなり気にしつつ、毎日読んでました。
(元々投資関係の本は電車では読みづらいです。特にチャートが載っているやつは厳しい。絶対危ない奴だと思われそう。)

今さらなんですが、自分のトレード記録の検証の大事さがようやく骨身に染みて分かりました。
過去のデータで検証をするということももちろん大切でしょうが、裁量トレーダーにとっては自分のトレード記録ほどためになるものはないと思いました。

それと最近思うのは、人に何でも質問をしてはいけないということです。
自分でよく考えてから質問をするというよりは、全部自分で考えて、人には一切聞かないという姿勢のほうがいいのではないかと思うようになりました。

基礎的な知識は本を読めば分かりますし、あとは実践と自分のトレード記録の検証の中で全て身につけていくものだと考えるようになったからです。

そんなこんなで、わずか一週間の間で、かなりのパワーアップをすることが出来たと思います。


正直言って来週からも負ける気が全然しないぜ。

簡単ではないが、やるべきことをやればトータルでは必ず勝てる!

ダテに毎日毎日デイトレ練習に励んできたのではない!

Kick! ルール破りの Jump! 悪のトレーダー
さあお遊びは ここまでだ~!
Attack! ラスト5秒の Fire! 逆転ファイター
俺は炎の キ○肉マン!


屁のつっぱりは、いらんですよ!

言葉の意味はわからないが、とにかくすごい自信だ!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ありがとう

2009年06月06日 12:06

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お勧め書籍の紹介④-「人を動かす」

2009年06月04日 11:23


「人を動かす」
D・カーネギー著




人の気持ちを傷つけることで人間を変えることは絶対に出来ず、全く無益である。

どんな人間でも、何かの点で自分よりも優れている。
学ぶべきものを持っている。
自分の長所、欲求を忘れて、他人の長所を考えようではないか。

そうすればお世辞などはまったく無用になる。
うそではない心からの賞賛を与えよう。
心から賛成し、惜しみなく賛辞を与えよう。

相手はそれを心の奥深くしまいこんで、終生忘れないであろう。
与えた本人が忘れても、受けた相手は、いつまでも忘れないでいつくしむだろう。



私は高校生の頃、進路のことで親と意見が合わず、家に置いてもらってはいましたが、経済的援助を受けられず、学費なども自分でまかなっていた時期があります。
(家が貧乏とかではありませんよ・・)

家で孤立し、友達などにもあまり理解を得られず、苦しい思いをしていた時、いとこのおばさんがこう言いました。

「○○ちゃんは男だねぇ。」

おばさんがどれだけ状況を理解した上でこう言ったのか、何げなく言っただけだったのかは分かりません。

ただ私がこの一言を励みに頑張ったことだけは確かなのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。