スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株デイトレ開始!

2011年02月05日 00:01

株のデイトレを始めました。
昨年からやるとか言っていたのですが、なんだかんだで今年から開始です。

株のデイトレを始める最大の理由は、FXだけをやっていると、トレードチャンスがとにかく少ないからです。
始めのころは一日に何度もエントリーしていましたが、慣れてくると優位性があると思われるパターンが段々はっきりと見えてきます。
そうすると自分に見えるそのパターンが、FXだと仮に24時間張り付いていたとしても週に2,3回しかないのです。
実際は相場を見ていない時間も多くありますから、最近ではエントリーチャンスというのは週に一回ほどしかなくなっていました。

株を始めるのをためらっていた最大の理由は、やはり銘柄の選び方がよく分かりませんでした。
しかしこれが慣れてくると相当に面白いことが分かりました。
いろんなチャートを見ていること自体が楽しいですし、これは自分には向いているのかなと思いました。

FXの場合は最近流行っている本のタイトルではないですが、「待つ」 という作業がメインになるのに対して、株の場合は「予習」 が主になるのかなという印象を受けます。
もちろんFXでも予習は大切ですし、株でも待つことは大切なんですが。

前日の夜と寄り付き前のチャート分析で、その日に取引したい銘柄を絞り込んでおくことが必要です。
FXと比べるとエントリーのタイミングが、かなりシビアかなという気がしますので、下調べをよくしておかないとタイミングを逃してしまいます。

最近はトレードに対しても若干マンネリ感があったので初心に戻るではないですが、、新たな気持ちで熱く取り組んでいきたいと思います。
とりあえず最低限の目標は、エントリーチャンスがくるかは別にして、可能な日は全て相場に参加することです。
ここは「習うより慣れろ」という自分の原点ですのでしっかりやっていきたいと思います。

現在の悩みの種は取引ツールの問題で、これは株のデイトレでは相当に重要なことが分かりました。
いくつか口座を開いてそれぞれのツールを使っては見たのですが、なかなかこれだ!というものが決まりません。
PC本体の性能アップも含めて検討していきたいと思います。
スポンサーサイト

野川徹氏のセミナーに行ってきました!?番外編

2010年07月03日 22:02

みなさん、こんにちは。

先日、人生初めての腰痛を経験し、自分も年を取ったかと、かなりショックを受けたビットウィーンです。

それはさておき以前よく記事に書いていた「野川徹氏のセミナーに行ってきました!」シリーズですが、しばらく話が出てきていませんでした。

もしかしてサボってもう行ってないんじゃないの?

という疑惑があるかもですが、

そ、そ、そんなことはありません!
毎回欠かさずチェックをしております!


ただ最近は仕事との折り合いがどうしてもつかず、ネットでオンライン視聴ですが・・・

いや、その、これはちがうんですよ、野川さん・・・

ただ資料をダウンロードして、しっかり予習もしてから繰り返し何度も視ています。
今回はその中で気になったことを少し書いてみます。


以前、野川さんは

一年目で資産の30パーセントを負けて、二年目でトントン、三年目から少しずつ利益にしていく、それでいいじゃありませんか。

ということをおっしゃっていました。

これは分かる人には分かると思うのですが、十分すぎるくらい理想的なステップだと思います。

さらに直近のセミナーでは、

最初は「何でこんなに負けるんだろう?」と思うくらいトコトン負けたほうがいいです。
運良く初めにビギナーズラックで勝ってしまったら、その後とんでもないことになります。


そして

みなさん初めはとにかくお金を儲けよう、勝ちたいと思って相場を始めると思いますが、儲けようと思えば思うほど相場では、ドンドンお金が減っていきます。

なぜならそう思うのは全て自分の都合であって、相場の都合ではないからです。

そのことに気がつかない限りは永遠にさまよい続け、自分の望むところに決してたどりつくことは出来ません。



目先の相場の値動き、損益にどうしても意識が向きがちになりますが、それ以前に自分の本来の目的というものを見つめなおすことが大事なのかもしれません。


次回はなんとか日程を調整してリアルセミナーレポートをぜひお届けしたいと思います。

乞うご期待!

プロ魂

2010年01月10日 00:13

ワイはプロや! プロトレーダー猿や!

つむじ風舞う ティーグランドで

狙うは グリーンの ターゲット



みなさん、こんばんは
ゴルフにはまったわけではありませんが、最近「プロゴルファー猿の歌」が頭でよくリフレインしているビットウィーンです。

それはさておき、先日、新聞の投書欄に、定年後手帳に毎日その日の予定を書き込む習慣を始めたところ、仕事をやめて暇をもてあますどころか、非常に充実した退職生活を送っているという人の話が載っていました。

私も毎日トレード日誌を書くのはもちろんのこと、それ以外の生活面での一週間での目標を週末に決めて、それを達成できたかどうか日々確認することにしています。
目標の内容については何か大きなことを週のうちに一つやるというものではなく、毎日続けて実行できることを含めるようにしています。
習慣性、継続性を持たせるようにするためです。

・ランニングをする。
・○○と△■の数だけ腹筋をする。
・毎日、○×の問題集を○ページづつやる。
・NHKの英会話ラジオを毎日聴く。

といった内容です。
きちんとやったかどうかトレード日誌をつけるときに一緒に記録するようにしています。

なんでこんな日常生活の細かいことまで決めて記録していくかというと、それは

何が何でも、どうしてもトレードで勝ちたいからです。

普段はだらしない生活をしていても、トレードのことになると人が変わって規律ある行動を取れるという人もいると思いますが、自分はそういうタイプでは無さそうなので、日常生活からしっかりした生活を送るように心がけています。

毎日全てのトレード内容を徹底検証し課題を明確にして、翌日のトレードに臨むというのは当たり前の作業です。
これ位のことはやって当たり前、出来ないという人は相場をなめるな、そんなんで勝てるわけないだろ、おとといきやがれという話です。

とえらそうなことを言ってみましたが・・ (-。-;)

この基本的なことが出来ていなかった不届き者が昨年までの私です。

無残な負けトレードなどは一応記録はしていましたが、読み返すだけで気分が悪くなるので、なぐり書きをしてあとはろくに検証もせずにほったらかしということがよくありました。
「無駄死に」とはまさにこのことです。

たくさんの負けトレードをもっとしっかり検証していたら、今頃はどれだけトレーダーとしての技量が向上していたかと思うと悔しくてなりませんが、過ぎたことなのでしょうがありません。

これからはどんな無様な負けトレードでも、それを直視して、次のトレードへの糧としていきます。

何か大きな目標を持ったり決意をすることはいいことですが、ただ思うだけではその夢が実現する可能性はまずないと思います。
考えたり思うだけでは誰でも出来るという話です。

実際に夢を実現させるものは、日々の小さな努力の積み重ねであり、そうした継続した行動なしに何かのきっかけで瞬間的にその人ととなりが変わるということは極めてまれではないかと思います。

自分も気持ちだけは、もうプロのつもりでやっていこうと決めましたので(実績はまだまだこれからですが)、基本的なことは頑張ってやるものではなく、やって当たり前という気持ちで実行していきたいと思います。



物事を完璧に上手にこなすのがプロではない。
どんな環境でも常に自分のベストを尽くすのが本物のプロである。

by BETWEEN


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

相場に賭ける

2010年01月02日 00:19

たいていの事柄については、成功の度合いを基準にしてその人の能力を計ることは出来ません。
しかしトレードでは毎日毎日、自分の能力を思い知らされるのです。

by Dr. Gary Hirst



自分の仕事に対して正当な評価がされていないと感じている人は多いと思います。
給料の額というのも単にお金がたくさん欲しいというのもあるでしょうが、それが自分の評価を表していると思うからこそ、その額にもこだわるはずです。

ただし本当に能力がある人、会社や社会に貢献している人が高く評価されるのかというと甚だ疑問です。
人を評価するというのはそれほど難しいことです。

幸せになるための方法として真っ先に思い浮かぶのは、この他人から高い評価を得るということです。
しかしホリエモンもかって語ったように、他人の評価というものはお金や地位である程度手に入れられるものだということは真実だと思います。

お金で人の心は買える

という言葉を自信を持って否定することは、世の中を見てみればそう簡単なことではありません。
このことからも周囲に認められている人間が、必ずしも人格者であるとか能力が高いとは言い切れないと思います。

けれどもこういった生き方の問題点はお金や名声を失った時に露呈します。
それらを失った時にはたして何が残るのかという問題です。

おそらくは何も残りません。
お金や他人の評価というのは不安定なもので、手に入れてそれを維持するのは大変かもしれませんが失うのは一瞬で簡単なことです。
ひと時の栄華に酔う人はたくさんいますが、それらを保って一生を終えられた人というのはまれだと思います。

私が相場をやる理由は金銭的な報酬の魅力もありますが(相場で名声を得ようとは全く思わない)、自分の能力を試したいという動機が大きいです。

これまでに何度か結果が全てではないということを書いてきましたが、正直に言うと相場ではやるべきことをやって結果が伴わなかったということが、これまではあまりありませんでした。
同様に正しくない行動をした時は必ずその報いも受けてきました。

相場の世界を魑魅魍魎の世界と呼ぶ人もいますが、私にとってはこれほど公正な世界は他には無く、自分の全能力を試すのには最高の場所だと思っています。

またこれは幸せになるための他人の評価に頼らないもう一つの方法論にも合致します。
それは自分に誇りを持つということです。

実は周囲はその人のことを認めているのに、自分への評価が低いために幸せになれないという人は結構な数がいると思います。
これは自分の周囲でも心当たりがある人を何人か見てきたので、たしかなことだと思います。

私は小さい時から自分が死ぬ瞬間というのをよく考えてきましたし(暗い子供ですね)、最近では自分がもし全財産を失ってホームレスになったらどうなるだろうか、ということも考えたりします。

その時、唯一残るものは、やはり誇りだと思うのです。
誇りだけは誰にも奪うことは出来ないたった一つのものです。

死ぬ瞬間に、精一杯生きたと思えるかどうか。
何一つ物質的なものを持たない身になっても、内に秘めたものだけはあるかということが重要だと思います。
これは自分の人生を他人の評価に委ねるのではなく、自分でその価値を決定するという生き方です。

この目標を達成するためにも、自分の能力、誇り、そして存在価値というものを全て賭けて相場に今後も真剣に取り組んで生きたいと思います。




トレードでは優秀かどうかは最終的に儲けたかどうかではっきりと決まります。
儲けた金額を人に言う必要はありません。
トレードの結果は自分で見られるわけですから、自分の能力は歴然と分かります。

年末の時点で1000万ドル儲けていれば、疑いの余地はありません。
「すごいけど、本当は優秀なトレーダーではないんだ」
などとは人には言わせません。
そんなものは笑い飛ばせばいいのですから。

「マーケットの魔術師 システムトレーダー編」より


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

Long and Winding Road

2009年12月26日 20:54

みなさん、こんばんは

今年も残すところ、わずかとなりましたが、今年はプライベートの時間は、結局相場に関係すること以外はほとんどしませんでした。

自分が好きでやったことなので、これはこれで良かったと思います。

振り返って思うことは、もっとやれることがあった気がします。
結果はともかく内容としては、相当に反省するところが多いです。

特に思わずかっとなってやってしまう報復トレードの割合が、後半の一時期に増えました。
この報復トレードは連勝が続いたり、すごく調子がいい時期のあとにやってしまうことが多いです。

自分でもこのことには気がついていたので、後半は一日ベースでの勝ちが続いている時でも、いかにして調子の悪い時期が来たときに正しく負けるかというのをテーマにやっていました。

絶対に上手くいかない時期がやってくるはずだから、どうやってその期間の負けを最小限に抑えるかというのをずっと考えていました。

結果を言うとこれだけ注意していたにも関わらず、それを完全に防ぐことは出来ませんでした。

なぜか?自分の決意の度合いが足りなかったのか?

原因をいろいろ考えてみましたが、結局は勝っているときの内容が所詮は薄かった。

内容のない勝ちを重ねていただけだった

という結論に至りました。

この報復トレードというのはやってしまって、

今度からは絶対にやらないように気をつけるぞ!

と思うだけでは直りません。

そう思っても繰り返してしまう。
やればやるほど常習性が出てきて、発症の可能性が逆に高まってしまいます。
(現実に堅く決意したはずの数日後にまたやってしまうということがありました。)

どうしてなのか?

これは実際の人間の行動を決定するプロセスには、習慣的に行っていることが最も影響を及ぼしやすいということが関係していると思います。
表面的に頭で理解していることよりも、習慣化され体に染み込んでいることの方が優先されてしまうのです。

だから、ただ頭で考えただけでは解決にはなりません。

正しい行動を毎日毎日繰り返して、潜在意識にそれを叩き込む必要があります。
やってはいけないと注意するのではなく、やらないのが当たり前というレベルに持っていかなくてはいけません。

正しくない行動を繰り返していると、当然にそれが習慣化されます。
そこにヘタに結果がついてこようものなら最悪です。
結果が出ている時に自分を疑ってみるというのはすごく困難なことだからです。
自分のやっていることが正しいと信じてずっとそれを続けてしまうことになります。

内容のない勝ちに意味がないというのはそういうことです。
負けるべき時にしっかり負けることは大切です。

私が繰り返してきたトレードというのも、トレードプランが甘すぎた、もっとしっかりと作りこまなければいけなかったと思います。

復習も足りなさ過ぎました。
自分の行ったトレードをもっときちんと見直していれば、トレード戦略も自然とずっといいものに改良されていたはずだと思います。

というわけでこれらのことを踏まえると来年の目標ははっきりしています。

プロと同じように考え、行動する

というのが目標になります。

プロになるのが目標ではありません。
ただなりたいと思っているだけでは意味がありません。

もうすでに自分はプロだ、という意識を持って一年間行動することを来年の目標として掲げたいと思います。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。